恋する女性のための恋愛サイト。恋愛の悩みに役立つヒントやハウツーを紹介。恋愛に対する疑問や人に言えない悩みを解消するお役立ちサイトです。

恋愛悩み相談所

好き避け 恋愛ノウハウ

好き避け・ごめん避け・嫌い避けの意味は?それぞれの理由や行動も解説

更新日:

好き避けやごめん避け、嫌い避けという言葉を知っていますか。

好きだけど相手を避けてしまうときなどに使う言葉です。

今回は好き避け・ごめん避け・嫌い避けの意味や特徴について説明していきます。

 

好き避けとはどういう意味?

オスメスマークとハート

 

好き避けとは相手のことを好きなのに避けてしまう行動のことを意味します。

思春期に好きな人のことを恥ずかしくて避けてしまう行動をしてしまった覚えのある人もいるのではないでしょうか。

同じように、大人になっても同じように好きな相手のことを避けてしまう人がいるのです。

こういう人が取る行動を好き避けと言います。

 

好きな人にアプローチできなかったり、恋愛テクニックが足りなかったり、周りにはバレたくないなど好き避けをしてしまう男女には色々な心理があります。

 

好き避けする理由

後ずさりする人

緊張してしまう

 

相手のことを好きで緊張してしまって、普段通りに話せなかったりするのが好き避けする理由の一つです。

目があったら恥ずかしくて、目をそらしてしまうのも好きだからこその行動です。

 

相手のことが好きで緊張しているから、相手の前で不自然な行動を取ったり、相手を避けるような行動をしてしまいます。

 

恋の駆け引きをしたいから

 

押したり引いたりと恋の駆け引きをしたい人が好き避けをすることがあります。

今まで普通に話していたのに、いきなり避けられると相手のことが気になってしまいますよね。

その効果を狙って、好き避けをする人もいます。

 

自分の好意に相手が全然気が付かない場合に有効な手段かもしれません。

 

素直になれない

 

好きな人の前では素直になれなくて強がってしまう人が好き避けをする場合があります。

もともとあまのじゃくな性格の人もこのパターンに当てはまります。

 

素直になるというのは無防備な状態ですから、好きな相手の前で素直になって傷ついたらどうしようという心理が働くのですね。

傷つきたくなくて、自分を守りたい人が好き避けをする場合が多いです。

 

「好き避け」の行動の特徴

ハート

避ける

 

好き避けをしてしまう人は相手を避ける場合、相手に分かるように避けます。

 

相手に会わないようにするのではなく、相手の目の前で避けるような態度を取ります。

これは相手に避けていることを気づいてもらい、自分に興味を持ってもらうためです。

 

恋の駆け引きといってもいいかもしれません。

相手を避けることで気を引こうとしているのです。

 

口数が少なくなる

 

恋のテクニック云々を考えていない女性が好き避けをする場合、相手の前で緊張して口数が少なくなります。

相手の話にうなづくだけだったりと、普段とは違うおとなしい態度を好き避けをする人は取ります。

これは本人の恋愛経験不足から来る行動とも言えます。

 

目をそらす

 

目をそらすというのは目が合ってこその行為ですから、目が合うまで相手のことを見ていたということです。

そして、目が合った恥ずかしさから目をそらしてしまうのです。

 

しょっちゅう目をそらされるのは相手のことを好きだからこその行動でしょう。

 

ごめん避けとはどういう意味?

ハートのパズル

ごめん避けとは相手の好意に気づいているけど応えられない場合の行動を指します。

相手の気持ちに応えることができないという罪悪感や申し訳なさから、相手を避けてしまうのがごめん避けです。

また、こちら側が相手に好意を持っていると勘違いさせないために行動でもあります。

 

ごめん避けする理由

泣いてる猫

相手に好意がないから

 

相手に好意があるのなら、わざわざ避けるような行動は取りません。

ごめん避けをする場合は相手の好意に気づいていて、本人には好意がないときです。

決して相手のことは嫌いではないのだけれど、好意には答えられないからというのがごめん避けする理由です。

 

相手を傷つけたくないから

 

ごめん避けをするのは相手を傷つけたくないからという理由があります。

相手の好意を受け取れないことを遠回りにごめん避けの態度で示し、諦めてもらおうというのも理由です。

 

言葉で相手を拒絶するよりも、態度で示したほうが相手も傷つかなくて済みます。

それを分かっているので、ごめん避けをするのです。

 

「ごめん避け」の行動の特徴

モノトーンのひまわり

当たり障りのない話しかない

 

ごめん避けをする人は相手と当たり障りのない話しかしません。

世間話以上の話をしてしまい、相手に好意を持っていると思われるのを恐れるからです。

 

核心に迫る話をすると逃げる

 

ごめん避けをする人はお付き合いできる可能性がや自分の気持ちについて聞かれると逃げます。

相手に好意を持っていないことを知られると、相手を傷つけてしまうからです。

 

また、いい人でいたいという気持ちもあります。

 

嫌い避けとはどういう意味?

割れたハートと人形

 

言葉のごとく、相手のことを嫌いだから避けるのが嫌い避けです。

気持ちと態度が一致しているので、好き避けやごめん避けと比べて分かりやすいのが特徴です。

 

嫌い避けをする理由

割れたハート

苦手なタイプだから

 

人にはどうしても好みというものがありますから相手のことがどうしても好きになれないことがあります。

好きになれない相手と一緒に過ごすのは苦痛ですよね。

だから、嫌い避けをするのです。

 

傷つくようなことがあったから

 

不用意な言葉で好きな相手を傷つけた場合、それ以降、嫌い避けされてしまう場合があります。

自分のことを傷つけた相手とまた話したいとは思いませんよね。

 

また傷つけられるのではという恐れから嫌い避けをします。

相手がストーカーのようで怖い

 

付き合ってもいない相手が必要以上に距離を縮めてくると、たいていの人は恐怖を感じます。

「ストーカーになるのでは?」という恐れも抱きます。

そのような恐れから嫌い避けをします。

好きな人のことを知りたいという気持ちは分かりますが、相手に近づきすぎると恐怖を与えることもあるので気を付けましょう。

 

「嫌い避け」の行動の特徴

色鉛筆とハート

目を合わせようとしない

 

嫌い避けの場合、相手と目を合わせない場合がほとんどです。

相手のことを好きな場合は隠そうとしてもどうしても目が合ってしまうもの。

嫌い避けの場合は、はなから相手と目を合わせようという気持ちがないので、目が合わないことがほとんどです。

 

不愉快そうな表情をしている

 

嫌いな相手と接しているとどうしても人は不愉快な表情になります。

 

笑顔がひきつったり、顔がこわばったり、無表情になったりします。

面倒くさそうな顔をするのも嫌い避けの行動の一つです。

 

相手がそのような表情をしたら、早く去るほうが得策です。

 

まとめ

 

好き避けやごめん避け、嫌い避けの意味を理解できたでしょうか。

気になる異性のあの態度はもしかして……と思った人もいることでしょう。

自分のことを本当に好きかどうかを判断するために、今回の記事がお役に立てたら光栄です。

-好き避け, 恋愛ノウハウ

Copyright© 恋愛悩み相談所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.